【印刷用レイアウト】

共通メニュー

  • ホーム > 
  • Lyostat3 フリーズドライ顕微鏡ステージ

Lyostat3 フリーズドライ顕微鏡ステージ

フリーズドライサイクル開発に必要な崩壊温度、溶解温度を迅速に求められます。

フリーズドライ(凍結乾燥)の今

フリーズドライ(凍結乾燥)は、医薬品、ワクチンおよび臨床検査薬の製造、活性なタンパク、赤血球、精子、微生物および遺伝子運搬系のような生物学的物質の保存において広く使用されている手法です。

現在では凍結乾燥条件が最終製品の品質および処理経学に重要であることは現在では広く認識されています。

しかし、フリーズドライは大掛かりな設備や高いコストのかかる高価なプロセスです。

したがって、処理時間を最小限にすることは製造機構において重要なポイントです。

Lyostat3 とは

フリーズドライ機器を製造し豊富なノウハウを持つBiopharma社が開発したフリーズドライ顕微鏡ステージです。

冷却温度、吸引圧力などを設定制御し液体微量サンプルの凍結から乾燥まで全てのプロセスを顕微鏡下で観察記録し最良の凍結乾燥プロセスを開発することができます。

Lyostat3

Lyostat2の用途

  • 凍結乾燥過程を画像記録し凍結、崩壊、融解の判定
  • 崩壊温度(Tc)、共晶点温度(Teu)、溶解温度(Tm)を求める
  • アニーリングの検討

微量サンプル測定

Lyostat2で使用するサンプルは僅か1μg〜2μg。

ステージチャンバーに微量サンプルを滴下することでステージチャンバーは微小なフリーズドライヤーとして機能します。

FI-IRスペクト

サンプルのセット

凍結乾燥プロセスの設定

冷却温度と速度、保持時間、加圧と速度といった凍結乾燥に必要なプロセスは全てPCソフトウェアで設定します。

PC画面
PC画面

凍結乾燥工程1・凍結から乾燥

凍結

サンプルは設定された冷却速度で設定された温度まで冷却されます。このときのサンプルが冷却され凍結する状態が画像に記録されます。

乾燥

設定された温度に達し保持時間を経過するとバキュームポンプが稼動しサンプル乾燥工程が始まり乾燥部分が次第に広がり昇華面がサンプル内部方向に移動するのが観察できます。

凍結と乾燥
凍結と乾燥

凍結乾燥工程2・崩壊温度(Tc)測定

左下の図では棚温度が崩壊温度(Tc)以下のため凍結乾燥が正常に進んでいます。

右下の図では棚温度が崩壊温度(Tc)を超えたため崩壊が起こっていることが画像で確認できます。

崩壊温度
崩壊温度

画像再生

ラインのポイントをカーソルで選択することにより各ポイントの画像を呼び出し確認することができます。

また画像を連続再生することにより動画のように再生することができます。

画像記録
画像記録

動画1.塩化ナトリウムのフリーズドライの様子

動画2.スクロースのフリーズドライの様子

仕様

  • 液体窒素凍結熱交換機 20mm サンプルスペース
  • ダイアフラム式液体窒素ポンプ
  • 窒素フローメーターニードルバルブによるガスフローコントローラー
  • pt100センサー0.1℃温度コントロール
  • 液体窒素2.5Lディユワービン
  • バキュームポンプ
  • バキュームゲージ
  • 標準光学システム
  • ステレオスコープズーム0.7倍 4.5倍
  • XYメカニカルステージ
  • ファイバー光学レンズファイバー
  • デジタルカメラ
  • 14”カラーモニター
カタログダウンロードへ お問い合せへ

イーストコアのラインアップ

DVS-Advantage1 DVS-IT Intrinsic DVS-HT High-throughput IGC VGI  Lyostat3 Lyotherm Relequa Vapourtec Vapourtec